スクールソーシャルワーカーだより

スクールソーシャルワーカーとは

お子さんの入学・進級、おめでとうございます。大玉村教育委員会スクールソーシャルワーカー(以下、SSW)の増田泰司(ますだたいじ)です。月に一度、この「スクールソーシャルワーカーだより」で、子育てに役立ついろいろな情報をお届けします。

SSWの仕事

今年度最初なので、私が何をする人なのかということについてお話しします。

 

「日本スクールソーシャルワーク協会」のホームページには、「SSWの基本的な姿勢」として、以下のようなことが書いてあります。

  • 一人ひとりの子どもを個人として尊重します。
  • 子どものパートナーとして一緒に問題解決に取り組みます。
  • 子どもの利益を第一に考えます。
  • 秘密を守ります。
  • 問題よりも可能性に目を向けます。
  • 物事を自分で決めるようにサポートします。
  • 個人に責任を求めるのではなく、環境との相互影響に焦点を当てます(エコロジカルな視点)。

 

スクールソーシャルワーカーはこんなことをします

同じく「SSWはこんなことをします」という項目には、以下のようなことが書いてあります。

  • 話によく耳を傾けます。
  • 一緒に活動します。(スポーツ・ゲーム・音楽)
  • 勉強がしたければ手伝います。
  • 親との間に立って、気持ちを代弁します。
  • 学校との間に立って、調整や仲介をします。
  • 地域のいろいろなサポート資源を紹介します。
  • 必要な情報を提供します。

 

要するに、お子さんのこと、子育てのことで何か困ったことがあれば、気軽に相談できる相手だということです。必要に応じて、学校・役場・カウンセラー・病院・警察・児童相談所など、子どもたちのために活動している様々な機関と連携して、お子さんやご家族の問題解決のお手伝いをさせていただきます。スクールソーシャルワークは、そんな仕事です。

療育センター

さて、SSWがよく連携する機関に、「療育センター」があります。発達障がいは、子どもの頃から現れる脳機能の障がいで、自閉症、アスペルガー、学習障がい(LD)、注意欠陥多動性障がい(ADHD)などがあります。

 

「うちの子は全く言うことを聞かなくて」「友だちとうまくコミュニケーションがとれずに、いじめられるんです」「思い通りにならないと、すぐに暴れて手がつけられません」「勉強をやらなくて困ります」などのご相談をいただいて、病院や発達障がい者支援センターでよく調べてもらうと、実は発達障がいからくる問題だったというケースも、結構たくさん見られます。

 

発達障がいは、一種の個性のようなものです。周りの大人がそれを理解して関わっていけば、その子本来の能力をかなり伸ばすことができます。逆に、障がいについての知識がないまま、叱ったり叩いたりしても、能力があまり伸びないどころか、どんどん自信をなくして、本来できることまでできなくなってしまいます。もちろん、お子さんが小さければ小さいほど、能力の「伸びしろ」は大きくなりますから、気になることがあれば、ぜひ相談してみてください。

 

療育センターは病院であり、小児科や精神科もありますから、発達障がいその他の診断もしてもらえます。

 

福島県総合療育センター

〒963-8041
福島県郡山市富田町字上の台4-1
Tel.024-951-0250
Fax.024-951-0143
E-mail sougoryouikusenta@pref.fukushima.jp

一人で抱え込まないで

子どもの教育は、もちろん親が最終的な責任を持ちます。しかし、決して親だけが抱え込む必要はありません。助けてくれる人や機関がたくさんあります。ですから、子育てに関して悩みがあれば、いつでもご相談くださいね。ご一緒にお子さんにとっての最善を考えていきましょう。

 

それでは、今年度もよろしくお願いいたします。

2010年4月号関連ページ

2010年5月号
自分を知るための、簡単な心理テストを紹介します。
2010年6月号
男性(夫)や男の子と、女性(妻)や女の子の、体の作り以外の違いは何でしょうか。
2010年7月号
今回は、性格は変えられるという話です。
2010年8月号
今回は、日本でビジョントレーニングの先駆的な働きを北出勝也先生から学んだことを紹介させていただきます。
2010年9月号
子育てや指導に役立つテクニックの一つとして「アンカリング」を紹介します。
2010年10月号
今回は、子どもの問題行動をやめさせる方法についてお話しします。
2010年11月号
今回も、子どもの問題行動をやめさせ、望ましい行動をしてもらうための方法についてお話しします。
2010年12月号
子ども(子どもだけではありませんが)の困った行動をやめさせ、望ましい行動をとるようにさせるにはどうしたらいいかという話の第3回目です。
2011年1月号
相手から自信や元気ややる気を引き出す、「魔法の質問」をお伝えしましょう。
2011年2月号
どうして「伝えたつもりなのに伝わらない」ということが起こってしまうのでしょうか。
2011年3月号
「誰か○○して」では、なかなか人は動いてくれません。ではどうしましょう?