スクールソーシャルワーカーだより

ちょっとした心理テスト

子どもがお父さんになぞなぞを出しました。「地球上で、僕から一番遠いところってどこだか分かる?」 お父さんが答えます。「どこだろうな。アルゼンチンかな」。すると、子どもは言いました。「ぶっぶ〜。僕の背中で〜す。だって、地球は丸いんだもの」。

 

「自分」は自分に一番近くて、しかし一番遠い人。私たちは、自分自身のことをよく知っているようで、案外よく知らないのかも知れません。

 

さあ、そこで、自分を知るための心理テストをやってみませんか? 簡単にできますから、ぜひご家族みんなでやってみてくださいね。

やってみましょう

その心理テストとは、これです。

「私は周りの人たちから○○と思われている」。

 

この文章の○○のところを、10個挙げてください。

 

さあ、書けましたか?

実は、○○のところに書かれたものは、「他の人があなたのことをどう思っているか」を表しているわけではありません。他の人が何を考えているかなんて、分かりませんものね。

 

そうではなくて、「あなたがあなた自身のことをどう評価しているか」ということを表しています。自分自身を、何にこだわって評価するかということです。

 

他の人への評価

また、この答えは、あなたが他の人を見た時に、何にこだわって評価するかということも表しています。

 

自分自身に対するこだわりは、他の人を見るときのこだわりと同じです。

 

たとえば、自分の仕事の業績を気にする人は、他人の仕事の業績が気になります。

 

「人に対して素直であること」を気にしている人は、他人も人の言うことに素直に従うかどうかが気になります。

 

「最近髪の毛が薄くなってきたなあ」と気にしている人は、同年代の人の頭が気になりますし、「ペンキがハゲてきたね」などという言葉にも敏感に反応してしまいます。

イライラするんです

以前、あるお母さんから、こんなご相談をいただいたことがあります。

 

同じきょうだいでも、上と下の子は平気なのに、真ん中の子にはいつもイライラしてしまうんです。
何かにつけてグズなので、黙って見ていられなくて、ついつい言葉や態度がきつくなってしまって、あとで反省することが多いのです。
どうしたら子どもたちに、平等に接することができるでしょうか?

 

お母さんへの質問とお願い

そこでこのお母さんにお聞きしました。「真ん中のお子さん、誰かに似ていませんか?」 

 

すると、「そういえば、小さいときの私に似ています。私も、お前はグズだとよく親や先生に叱られていました。だから、がんばってグズを治したんです」とお答えになりました。

 

このお母さんは、表面的には行動が素早くなりました。もうグズではありません。しかし、「グズな者はダメだ」という、小さいときに刷り込まれたこだわりは今も生きていて、それが真ん中のお子さんを見ると吹き出してくるのです。

 

このお母さんにこんなお願いをしました。

 

目を閉じ、胸に手を当てて、小さかったときの自分に向かって「ゆっくりでいいんだよ。ていねいにやれてステキだね」と、何度も何度も言っていただいたのです。すると、3度目くらいで、ぽろぽろと涙を流し始められました。「ああ、そんなふうに言ってもらいたかったんだ」。

 

そして、その後、真ん中のお子さんの行動にイライラすることが少なくなっていかれました。

 

イライラしたら考えてみよう

私たちも、他の人の言動にイライラすることがありますね。具体的に損害を受けているときはイライラするのも分かりますが、そんなに目くじらを立てるほどのことでないのにイライラしてしまうとしたら、もしかしたら自分自身の中の、未整理のこだわりが引き出されているのかもしれません。

 

ですから、誰かにイライラしたら考えてみてください。これは一番手軽な心理テストです。

 

すると、大切な自分を再発見することができ、お子さんや他の人との関係がさらに良くなるきっかけになることでしょう。

2010年5月号関連ページ

2010年4月号
今年度最初なので、スクールソーシャルワーカーが何をする人なのかということについてお話しします。
2010年6月号
男性(夫)や男の子と、女性(妻)や女の子の、体の作り以外の違いは何でしょうか。
2010年7月号
今回は、性格は変えられるという話です。
2010年8月号
今回は、日本でビジョントレーニングの先駆的な働きを北出勝也先生から学んだことを紹介させていただきます。
2010年9月号
子育てや指導に役立つテクニックの一つとして「アンカリング」を紹介します。
2010年10月号
今回は、子どもの問題行動をやめさせる方法についてお話しします。
2010年11月号
今回も、子どもの問題行動をやめさせ、望ましい行動をしてもらうための方法についてお話しします。
2010年12月号
子ども(子どもだけではありませんが)の困った行動をやめさせ、望ましい行動をとるようにさせるにはどうしたらいいかという話の第3回目です。
2011年1月号
相手から自信や元気ややる気を引き出す、「魔法の質問」をお伝えしましょう。
2011年2月号
どうして「伝えたつもりなのに伝わらない」ということが起こってしまうのでしょうか。
2011年3月号
「誰か○○して」では、なかなか人は動いてくれません。ではどうしましょう?