スクールソーシャルワーカーだより

ビジョントレーニング

夏休み中、大玉村と本宮市共同開催の「特別支援教育啓発セミナー」に参加してきました。

 

講師は、視機能トレーニングセンターJoy Vision代表の北出勝也先生です。北出先生は、日本で視覚機能トレーニング(ビジョントレーニング)の先駆的な働きをしていらっしゃいます。

 

今日は、先生から学んだことを紹介させていただきます。

視覚機能チェック

お子さんに、以下のような困難がないでしょうか(北出勝也著「学ぶことが好きになるビジョントレーニング」図書文化より)。

 

  1. 音読の時、行を飛ばしたり、同じ所を何回も読んだり、読んでいる場所が分からなくなったりすることがある。
  2. 読むときに、非常に時間がかかる。
  3. 読むときに、大きく頭や体を動かす様子が見られる。
  4. 近くを見るときに、頭を斜めにして見ようとしたり、しきりに目をこすったりする様子が見られる。
  5. 黒板に書いた文をノートなどに書き写すことに時間がかかる。
  6. 文字を書くときに、枡からはみ出したり、読めないくらい形が整わない文字を書くことがある。
  7. 筆算の計算で、桁をそろえてノートに書き、計算することが難しく、書いているうちに位がずれてしまうことがある。
  8. ボール運動が苦手で、投げられたボールをうまく受け取ることが難しい。
  9. はさみを使って直線上や曲線上をうまく切ることができず、不器用である。
  10. 作業や話を聞くときなど、集中して見ることが苦手で、絶えず視線を動かす様子が見られる。
  11. 書くことが苦手で、漢字をなかなか覚えられない。ひらがなや漢字の書き間違いが多い。似たような漢字を間違えることがある。
  12. 図形の問題が苦手で、描くことが苦手な図形(たとえばひし形)がある。
  13. 計算はできるが、文章題になると理解することが難しく、答えが出せないことがある。
  14. ダンスや体操で、まねをして体を動かすことが苦手である。
  15. 目で見た、人物やものの形などを描くことが苦手である。
  16. 靴など、生活の中で左右を間違えることがある。

見ることが苦手な子

身体的・知的な障がいがないのに、上述のようなことが苦手だというお子さんがいます。すると、当然学校の成績はふるいません。かといって、努力が足りないわけでも、サボっているわけでもありません。本人は一生懸命なのに、どうしてもできないのです。その結果、親や先生はイライラし、本人はどんどん自信を失い、元々あったやる気も損ねてしまいます。

 

もしかしたら、そういうお子さんは、「見る力」に問題があるのかもしれません。眼科に行って検査をしてもらって、視力に問題がないと言われたとしても、視覚機能が未発達なお子さんがいます。

 

視覚機能とは、眼球運動の機能(入力の機能)と、ものの形や空間を認識する脳の機能(情報処理の機能)のことです。眼球運動機能が未発達だと、スムーズに眼球が動かなかったり、両目の連携が悪かったりするために(うまく寄り目ができないなど)、上述のチェックの1〜10のような問題が生じます。形の認識機能が未発達だと、11〜16のような問題が生じます。

トレーニングで向上できる

視覚機能は、トレーニングによって向上させていくことができます。それによって、学ぶことの困難を解消できれば、苦手だった勉強が好きになるということも起こってきます。

 

残念ながら、日本では、ビジョントレーニングを指導してくれる専門機関がまだほとんどありません。北出先生のセンターは神戸ですが、ご興味があれば以下のホームページをご覧ください。
  → http://www.joyvision.biz

 

また、ご自宅で視覚機能のチェックやトレーニングをするためのテキストも出ています。私もこのテキストを手に入れましたので、ご相談いただければお見せいたしますし、さらにご希望があれば、ご一緒にお子さんへのトレーニング方法を考えることもできます。

2010年8月号関連ページ

2010年4月号
今年度最初なので、スクールソーシャルワーカーが何をする人なのかということについてお話しします。
2010年5月号
自分を知るための、簡単な心理テストを紹介します。
2010年6月号
男性(夫)や男の子と、女性(妻)や女の子の、体の作り以外の違いは何でしょうか。
2010年7月号
今回は、性格は変えられるという話です。
2010年9月号
子育てや指導に役立つテクニックの一つとして「アンカリング」を紹介します。
2010年10月号
今回は、子どもの問題行動をやめさせる方法についてお話しします。
2010年11月号
今回も、子どもの問題行動をやめさせ、望ましい行動をしてもらうための方法についてお話しします。
2010年12月号
子ども(子どもだけではありませんが)の困った行動をやめさせ、望ましい行動をとるようにさせるにはどうしたらいいかという話の第3回目です。
2011年1月号
相手から自信や元気ややる気を引き出す、「魔法の質問」をお伝えしましょう。
2011年2月号
どうして「伝えたつもりなのに伝わらない」ということが起こってしまうのでしょうか。
2011年3月号
「誰か○○して」では、なかなか人は動いてくれません。ではどうしましょう?