スクールソーシャルワーカーだより

目標の立て方 その1

「目標を立てずに行動するのは、失敗することを目標にして生きているようなものだ」という言葉を聞いたことがあります。目標やそれに基づいたスケジュールを立てないで行動すると、その場その場、その時々に目に付いたことを行なうことになって、とても無駄が多くなります。そして、あとで「あのときこうしておけば良かった」と後悔することになります。

 

皆さんは、お子さんに、計画的な人生を送って欲しいと思われますよね? であれば、すでになさっておられると思いますが、保護者の皆さんが計画的な毎日を送って見せてあげてください。子どもは、親の背中を見て育つのですから。

 

ところで、目標の立て方にも、ちょっとしたコツがあります。何回かに分けてお話ししようと思いますが、今回は「緊急度と重要度」についてです。

目標の緊急度と重要度

以下の表は、私たちの行動を、重要度(やる意味がどれだけあるかどうか)と緊急度(期限がどれだけ迫っているかどうか)で分類したものです。

 

目標の緊急度と重要度マトリクス

 

Aは、今すぐ達成しないと大変なことになることです。締め切り間近の大切な仕事とか宿題とかですね。

 

Bは、実行しないと大変なことになりますが、まだ期限まで余裕があるというもの。

 

Cは期限が迫っているけれど、それをしなくても別に問題にはならないというもの。

 

Dは、それをしなくても問題ないし、期限が迫っているわけでもないというものです。

スケジュールの立て方

さて、一日や一週間のスケジュールを立てるとき、皆さんは、A〜Dのどの行動目標でスケジュールを埋めていきますか?

 

遊びのない人生では息が詰まりますから、CやDの項目も必要です。しかし、自分がやりたいことだけやっていたのでは、結局豊かな人生は送ることができませんから、「重要度」を無視するわけにはいきません。何をしたいかではなく、何をしなければいけないか、それを目標設定やスケジュール作成ではポイントにしなければいけません

 

では、Aの項目でスケジュールを埋めるのがベストでしょうか。しかし、それだと、常に時間に追われてしまい、くたくたになってしまいます。というのは、最初に計画していなかった緊急事態(Aの出来事)というのが、必ず訪れるものだからです。そんなとき、スケジュールがAばかりで占められていると、削るのは食事や睡眠の時間だけということになってしまい、体や心を壊してしまいます。

 

理想は、Bの項目(重要だが緊急ではない)でスケジュールを埋めることです。

 

さらに、「何にでも使える空き時間」をスケジュールの中に入れておくことも大切です。A項目の緊急事態が入ったとき、その穴埋めに使えますし、緊急事態がなければ、遊びや趣味など自由に使えます。

 

そして、そのような余裕を持った目標・スケジュールを立てるためには、締め切り間近になって慌てないよう、中期・長期の計画が必要になります。これについては、後日お話しさせていただきます。

2011年5月号関連ページ

2011年4月号
震災の影響で、心身にこんな症状が出てはいないでしょうか。
2011年6月号
目標の立て方 その2
2011年7月号
目標の立て方 その3
2011年9月号
目標の立て方 その4
2011年10月号
感情のコントロール その1
2011年11月号
感情のコントロール その2
2011年12月号
感情のコントロール その3
2012年1月号
ダイエットに役立つ……かもしれない話。
2012年2月号
無意識を味方につけるには?
2012年3月号
無意識を味方につけるための、「アファメーション」のやり方について解説します。