スクールソーシャルワーカーだより

目標の立て方 その4

3回に渡って目標の立て方についてお話ししてきましたが、かく言う私は、元来ぐうたらな性格なので、いろんな目標を立てても、文字通り3日坊主に終わってしまうことが少なくありませんでした。

 

ところが、いくつかのコツを覚えたところ、以前ほど中途で脱落することが少なくなってきました。

 

今回は、そのコツの一つについて、ご一緒に考えてみましょう。

言い訳していいわけ?

それは、「言い訳をする」ということです。「え?」と思われた方も多いと思います。普通は「言い訳するな」と教えられますよね。

 

私のかつての同僚で、国籍は日本なのですがアメリカで育った方がいます。ある時、彼がこう尋ねてきました。「どうして言い訳してはいけないんだ?」と。

 

アメリカでは、何かミスや問題が起きたときには、どうしてそういうことをしたのか、どうしてできなかったのかということを、きちんと言葉で説明できなければならない。そして、そのミスをどのようにカバーするか、今後はどのような行動をするつもりなのかを説明しなければならない。そうでなければ謝罪にならない。そんなふうに教えられるし、訓練されるといいます。

 

良い言い訳、悪い言い訳

実は、言い訳には、良い言い訳と悪い言い訳があります。悪い言い訳はその場限りの言い放しで、その後何もしないもの、良い言い訳はそれを次の行動につなげていくことができるものです。

 

まずは目標を立てます。できればよし。できなければ、ここで言い訳をします。どうしてできないのか。

 

そして次に、ここが重要なポイントですが、「その言い訳が成り立たなくなるような対策」を考えて計画します。それもまたできなければ、また言い訳して、対策を考えます。

 

こうして、次々と言い訳しながら対策を考え、できるところまで目標を下げていくのです。そして、できるところから一つ一つやっていきます。

きんぴらゴボウを作る

以前、生き生きした人生を歩みたいとおっしゃる方とお話ししました。具体的にうかがうと、子育ても一段落したし、外で福祉の仕事をしてみたい、できれば指導者となって若い人たちを育成していきたいと。

 

しかし、片付けが苦手で台所がぐちゃぐちゃなので、亭主関白のご主人が賛成してくれないだろうとおっしゃいます。そこで、「言い訳法」を使って対策をご一緒に考えてみました。

 

(対策)後でまとめて片付けようとしないで、料理しながら洗ったり片付けたりすればいい。

 

(言い訳)夫が6時に帰ってきて、すぐに料理が出てこないと不機嫌になるから、急いで作らないといけないので、料理しながら片付ける余裕がない。

 

(対策)帰り時間が分かっているのだから、早めに準備を始めればいい。

 

(言い訳)とにかく夫は味にうるさいし、冷蔵庫の中のものを無駄にすると叱られるから、何を作ろうかと悩んでいるうちに、どんどん6時近くになってしまう。

 

(対策)前の日にあらかじめ献立を考えておけばいい。そうすれば計画的に買い物ができて、冷蔵庫の中のものも無駄にならない。

 

(言い訳)前の日に考えても、結局献立が思いつかなくて、寝る時間になってしまう。

 

(対策)考えずに決められるよう、過去ご主人に評判が良かったメニューをカードに書き出し、適当にシャッフルして2,3週間分の献立を作ってしまう。

 

ここまで来たとき、この奥さま、顔をぱっと輝かせて「これならできます。困ったら、焼き肉ときんぴらゴボウを出しとけば機嫌がいいですから」とお笑いになりました。

 

この方の最終目標は、生き生きとした人生を生きるということです。その秘訣は、きんぴらゴボウを作ること。あなたのきんぴらゴボウは何ですか?

あえて言い訳をさせてみる

お子さんが何か不都合なことをしてしまったとき、やらなければならないことをやらなかったときには、あえて言い訳させてみるのも一つの方法です。自発的に言い訳をしたときにも、「言い訳するな」と叱るのではなく、いったん「なるほど」と受け止めます。

 

そして、「じゃあ、今度はそうならないようにするにはどうしたらいいかな?」と、その言い訳が使えなくなるような対策を考えさせるといくわけです。上質な「言い訳力」を育ててあげましょう。

2011年9月号関連ページ

2011年4月号
震災の影響で、心身にこんな症状が出てはいないでしょうか。
2011年5月号
目標の立て方 その1
2011年6月号
目標の立て方 その2
2011年7月号
目標の立て方 その3
2011年10月号
感情のコントロール その1
2011年11月号
感情のコントロール その2
2011年12月号
感情のコントロール その3
2012年1月号
ダイエットに役立つ……かもしれない話。
2012年2月号
無意識を味方につけるには?
2012年3月号
無意識を味方につけるための、「アファメーション」のやり方について解説します。