スクールソーシャルワーカーだより

あなたは実はモデルです

お子さんの入学・進級、おめでとうございます。大玉村教育委員会スクールソーシャルワーカー(略してSSW)の増田泰司(ますだたいじ)です。

 

月に一度、この「スクールソーシャルワーカーだより」で、子育てや自分育てに役立つさまざまな話をお届けしますので、お楽しみに。

あいさつ日本一

4年前、私がSSWとして大玉村の学校に出入りするようになって感心したことの一つは、子どもたちが元気にあいさつをしてくれるということでした。小学生ばかりでなく、中学生までがあいさつをしっかりしてくれるのには驚きさえ覚えました。

 

先日、企業向けの研修を企画している会社の方に話を聞いたとき、最近の新入社員について企業が困っていることの一つは、「あいさつができない」ことだとおっしゃっていました。それも、仕事に支障が出るくらい、あいさつがまったくできないというのです。そこで、企業では基本的なあいさつの仕方を研修で徹底的に教え込みます。社会人にそういう研修を授けなければならないというのは、企業にとっては時間とお金の無駄でしかないのですが、やらなければ仕事に支障が出るのですから仕方ありません。ところが、できない人は、教えても教えても、なかなか身につかないといいます。

 

にもかかわらず、大玉の子どもたちは元気にあいさつができます。なぜでしょう。それは、「あいさつ日本一」の目標を掲げ、あいさつをするように学校で指導しているからでしょう。しかし、ただ「やりなさい」と指導するだけでは、企業の研修担当者が嘆くように、なかなか身につきません。私は、大玉村の子どもたちがしっかりあいさつできるのは、「モデリング」のおかげだと考えます。

 

モデリング

モデリングとは、モデルになるということ、すなわち、身につけて欲しい望ましい行動を指導者が行動で見せることです。すると学習する人は、「ああ、こうすればいいんだな」ということが分かります。そして、そうすることが当たり前だと感じ始め、自然にその行動を真似るようになります。さらに、それがその人自身の習い性となり、「やれ」と言われなくてもできるようになります。

 

大玉村では、「あいさつしなさい」と言う前に、まず先生方の方から子どもたちに(あるいは先生方同士で)元気にあいさつをします。そして、先輩たちも、後輩からあいさつされるのを待つのではなく、元気にあいさつします。すなわち、「あいさつするのが当たり前だ」ということを、先生たちや先輩たちが行動で見せているのです。すると、新しく入ってきた子どもたちは、あいさつを自然に身につけていきます。こうして、大玉村の子どもたちは元気にあいさつをするようになりました。

モデリング的子育て

あるお父さんが、子育てに関する講演会に行って感銘を受けました。特に、子どもがいけないことをしたときにしっかり叱ることは大切だけれど、子どもの存在価値を否定したり値引きしたりするような言葉(たとえば、バカとかグズとか)を使ってはいけないという話に、納得しきりでした。

 

そして、家に帰ってみると、上の息子が下の息子に向かって「このバカ!」と罵っていました。それを聞いてカーッと頭に血が上ったお父さん、上の息子の頭をパーンと一発張って、「バカなんて言うな! 弟がひねくれてしまうじゃないか、このバカ!」

 

もちろん、言葉で「こうしなさい」と教えることは大切です。しかし、残念なことに、子どもたちは大人が何を言っているかよりも、大人が何をしているかの方に影響をされます。反抗期を迎えた子どもたちが大人に反発を覚える一番のポイントは、その大人が子どもに教えていることと、自分がやっていることが違うということです。う、自分で言っていて、私自身の耳が痛い……。

 

「朝誰かに会ったら、おはようでしょ!」と口うるさく言うよりも、お父さんとお母さんがお互いに、あるいは子どもたちに対して、元気よく「おはよう!」と毎朝あいさつすることの方が、ずっと効果的です。「お友だちには優しくしなさい」と教えるのも大事ですが、親や祖父母が互いに助け合ったり、感謝し合ったりする方が、ずっと効果的です。

 

もちろん、私たちは聖人君子になんかなれませんけれど、少なくとも努力している姿は見せてやりたいものですね。子どもたちに、どんなモデルを見せていますか?

2012年4月号関連ページ

2012年5月号
子どもたちから「やる気」を引き出すにはどうしたらいいのでしょうか。
2012年6月号
ウィリアム・グラッサーは、人間には5つの基本的な欲求があると言いました。今回は、そのうちの3つについてお話しします。
2012年7月号
ウィリアム・グラッサーの提唱した5つの基本的な欲求のうち、今回は、残る2つについてお話しします。
2012年9月号
発達障がいについてお話しします。
2012年10月号
発達障がいについて、第2回目です。
2012年11月号
コミュニケーションが上手になるために、まず大切な心構えは何でしょうか。
2012年12月号
子どもたちに積極性、主体性を身につけてもらうために、「失敗力」を身につけてもらいましょう。
2013年1月号
たとえ物事がうまくいかなくても、たとえ何度か失敗したとしても、それでも物事を途中で投げ出さずに最後までやり切る力をそだてるには?
2013年2月号
児童虐待防止法について解説します。
2013年3月号
勘と経験だけでなく、科学的な子育て、していらっしゃいますか?