スクールソーシャルワーカーだより

発達障がい その2

今回も、発達障がいについてお話しします。

誰でも得手不得手がある

前回、「発達障がいは、発達のバランスが悪いだけだ」ということを申し上げましたが、発達障がいだと診断されていない人でも、すべての人が、多かれ少なかれバランスに偏りが見られます。

 

発達障がいのお子さんの中には、先生が一斉指導の場で口頭で語った指示を、一度聞いただけではなかなか理解できないお子さんがいらっしゃいます。他に、読むことが苦手なお子さん、文字を鏡に映したように逆に書いてしまうお子さん、空間認知が苦手でよく人や物にぶつかってしまうお子さん、体を思い通りに動かすことが苦手なお子さんなど、それぞれがそれぞれに苦手なものを持っています。

 

しかし、発達障がいだと診断されていない人にも、それぞれ得意なことと不得意なことがあるのではないでしょうか。私にも、そして、あなたにも。

 

私の体験

年度初めのことです。今年度は我が家が地域の組長ということで、行政区の会議に出席しました。そして、会議の最後の時間、資料に書かれていない内容について話し合うことになりました。テーマは、震災で壊れた区民会館の再建です。区長さんや会計さんが、口頭でいろいろと数字を挙げながら(しかも、早く会議を終わらせようとしてか、ものすごいスピードで)説明してくださるのですが、さっぱり数字が頭に入らず苦労しました。

 

今回の会議に限らず、私は読んで理解するのは得意ですが、聞いて理解するのは苦手です。耳で聞くよりも、目で見る方が得意のようです。が、文字でなく、絵画的な情報を取り入れるのは苦手で、しっかり意識しないと、人の顔も覚えられませんし、どこに何があったかを覚えられませんし(裁判の証人としてはあまり役に立たないようです)、絵を描いたり工作をしたりするのも苦手です。

 

これを読んでおられるあなたにも、別に発達障がいだと言われたことはないとしても、やっぱり得手不得手があるのではないでしょうか。

不得手なことをカバーしてもらう

これも前回お話ししたように、発達障がいの問題は、発達のアンバランスそのものではありません。それが周りの人に理解されず、家でも学校でも会社でも地域でも批判ばかりされることで、自信を失ってしまうことです。自信を失う原因は、周りからの批判だけではありません。自分自身でも、うまくいかないことが続いて切なくなり、それで自信を失い、やる気を失うのです。

 

もしも、周りの大人たちや友だち、そして本人自身が、その人がバランスの悪さ故に苦労しているところをしっかりと理解し、それをカバーするような対応をするならば、今よりもずっと成功体験を積み重ねることができ、自信とやる気を育てていくことができるようになることでしょう。

 

区の会議で、さっぱり数字が頭に入らずに困った私は、手を挙げて会議を止め、数字を前の黒板に書き出してくれるようお願いしました。すると、たちどころに理解ができ、平安がやってきました。不得手なことがあっても、適切にカバーしてもらえるなら、ちゃんとみんなについて行けるし、精神的にも安定していられるのです。

 

学校でも、一人一人のお子さんに、得手不得手があります。特に発達障がいを抱えているお子さんの場合には、そうでないお子さんに比べると、苦労の度合いがかなり大きくなります。ですから、学校では、それぞれ抱えている不得手なことを探って、(私が会議で黒板に書くようにお願いしたように)不得手をカバーするような個別の対応をします。

 

それは、特別支援学校に通うことかもしれませんし、難しさを覚えている教科や活動について、特別支援教室できめ細かい個別指導を受けることかもしれません。あるいは、通常クラスで勉強しながら、一斉指導の他に、イラストなどを使って改めて指示してもらうということかもしれません。抽象的な表現では理解しにくいお子さんの場合には、具体的に指示をしてもらう必要があるでしょう。

 

発達障がいのお子さんが学校やクラスにいる幸せ

そして、発達障がいのお子さんが学校やクラスにいることは、診断名はついていない他のすべてのお子さんたちや保護者の皆さんにとっても良いことです。第一に、発達障がいのお子さんにとって分かりやすい授業、分かりやすい指示というのは、すべてのお子さんたちにとっても分かりやすいものだからです。

 

第二に、小さいときから、いろいろな個性を持った仲間たちと一緒に過ごすことにより、異質な者を引き下ろし、叩きつぶすような社会ではなく、「みんな違って、みんないい」という、お互いがお互いを尊重できる真に平等な社会、それぞれの不得手な部分を支え合い、助け合える優しい社会を作り上げる存在に、子どもたちが成長していけるからです。そして、そういうふうに成長した子どもたちならば、私たちが年を取ったときにも、きっと邪魔者扱いせず、大切にしてくれるはずですよ。

2012年10月号関連ページ

2012年4月号
言っても聞いてもらえないときに考えるべきことは?
2012年5月号
子どもたちから「やる気」を引き出すにはどうしたらいいのでしょうか。
2012年6月号
ウィリアム・グラッサーは、人間には5つの基本的な欲求があると言いました。今回は、そのうちの3つについてお話しします。
2012年7月号
ウィリアム・グラッサーの提唱した5つの基本的な欲求のうち、今回は、残る2つについてお話しします。
2012年9月号
発達障がいについてお話しします。
2012年11月号
コミュニケーションが上手になるために、まず大切な心構えは何でしょうか。
2012年12月号
子どもたちに積極性、主体性を身につけてもらうために、「失敗力」を身につけてもらいましょう。
2013年1月号
たとえ物事がうまくいかなくても、たとえ何度か失敗したとしても、それでも物事を途中で投げ出さずに最後までやり切る力をそだてるには?
2013年2月号
児童虐待防止法について解説します。
2013年3月号
勘と経験だけでなく、科学的な子育て、していらっしゃいますか?