スクールソーシャルワーカーだより

児童虐待防止法と私たちの義務

先日、児童虐待に関する勉強会に出席しました。日本では、子どもたちに対する虐待を予防し、残念ながら発生してしまった場合には、それをできるだけ早期に発見し、援助の手をさしのべられるようにするため、「児童虐待の防止等に関する法律」(H12年制定・16年改正)という法律(通称、児童虐待防止法」が定められています。

 

この法律では、学校などの公的機関だけでなく、すべての国民に(もちろんあなたにも)児童虐待防止についての義務を負わせていますので、今回はその点について簡単に解説させていただきます。

児童虐待とは

この法律において、児童とは18歳未満の者を指し、保護者が行なう以下の行為を児童虐待と呼んでいて、してはならないと定めています。

  1. 身体への暴行
  2. 児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること
  3. 心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置
  4. 保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること
  5. 著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

 

理由は問わない

暴力や暴言を、理由によって区別していません。

 

「しつけのため」「子どものため」「愛のムチだ」というような保護者側の理由づけは、暴力や暴言を正当化することにはならないということです。

 

暴力を見せるのも虐待

また、児童の前で別の人に暴力・暴言を加えるなどは、児童本人に直接向けられた暴力・暴言でなくても、その子に著しい心の傷を与えるので、児童虐待に該当します。

 

配偶者間暴力(DV)を我慢したり我慢させたりすることは、子どものためにそうするのだとしても、実は児童虐待に荷担することになってしまいます。

 

もしあなたが配偶者間暴力の被害者だったり、被害者を知っていたりするのであれば、しかるべき機関に相談して解決に向けて動き出しましょう。それが子どもをも救います。

 

大玉村では、健康福祉課で相談に乗ってもらえますし、緊急の場合には警察でも対応してもらえます。

通告の義務

同法第6条では、「児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに福祉事務所・児童相談所に通告しなければならない」と規定されています。ポイントは、

 

通告の義務を負う人

教職員、保育士、医療関係者などだけでなく、近隣住民などあらゆる国民は、児童虐待と思われる事例を発見したら、児童相談所等に通告しなければなりません

 

この通告義務は、刑法が定める「守秘義務」よりも優先されると明言されています。それくらい重い義務だということです。

 

疑いの時点でも通告しなければならない

H16年8月13日文科省通知には、「虐待の事実が必ずしも明らかでなくても、一般の人の目から見れば主観的に児童虐待があったと思うであろうという場合であれば、通告義務が生じる」とあります。

 

事実の確認は児童相談所等が行ないます。本当は虐待ではないかもしれないという恐れについては気にしないでいいので、児童虐待があったと思えたら、とにかく速やかに通告することが求められています。子どもの命・体・心を守ることが最優先課題だからです。

 

通告先

大玉村を管轄する児童相談所は、福島県中央児童相談所です。連絡先は、

  • TEL:024-534-5101
  • FAX:024-534-5211
  • メール:tyuuou.jisou@pref.fukushima.lg.jp

 

村の健康福祉課、小中学校・幼稚園・保育所、教育委員会でも構いません。とにかく、速やかに公的機関に連絡をお願いします。

 

他地域の方は、以下までどうぞ。お住まいの地域の児童相談所に電話をつないでもらえます。

 

児童相談所全国共通ダイヤル:189(いちはやく)

 

なお、各機関に通告や情報提供をしたからといって、誰が通告したかなどということが、当事者家族に明らかにされることはありませんので、ご安心ください。

保護者も援助対象

児童虐待防止法は、虐待をする保護者を罰することを目的としているわけではありません。

 

虐待をしてしまう保護者の多くが、精神的、身体的、経済的、能力的、あるいは社会的に何らかの課題を抱えて悩んだり困ったりしておられます。どう育てたらいいのかが分からないのかもしれません。ご自分も虐待の被害者だったというケースも結構多いです。すなわち、虐待する保護者も援助を必要としているのです。

 

通告の結果、公的機関が家庭の中に入ることで、保護者自身も助けを受けることができます。そして、虐待を「しなくてもいい」状態になることが期待できます。

 

ですから、児童虐待と思われるケースを見聞きしたら、被害に遭っているお子さんだけでなく、保護者のためでもあると信じて、思い切って通告してください。

2013年2月号関連ページ

2012年4月号
言っても聞いてもらえないときに考えるべきことは?
2012年5月号
子どもたちから「やる気」を引き出すにはどうしたらいいのでしょうか。
2012年6月号
ウィリアム・グラッサーは、人間には5つの基本的な欲求があると言いました。今回は、そのうちの3つについてお話しします。
2012年7月号
ウィリアム・グラッサーの提唱した5つの基本的な欲求のうち、今回は、残る2つについてお話しします。
2012年9月号
発達障がいについてお話しします。
2012年10月号
発達障がいについて、第2回目です。
2012年11月号
コミュニケーションが上手になるために、まず大切な心構えは何でしょうか。
2012年12月号
子どもたちに積極性、主体性を身につけてもらうために、「失敗力」を身につけてもらいましょう。
2013年1月号
たとえ物事がうまくいかなくても、たとえ何度か失敗したとしても、それでも物事を途中で投げ出さずに最後までやり切る力をそだてるには?
2013年3月号
勘と経験だけでなく、科学的な子育て、していらっしゃいますか?