スクールソーシャルワーカーだより

新しい受け取り方、考え方

夏休みも終わりましたね。お子さんたちと一緒に、いろいろ楽しく有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。

 

2学期も、子育てに役立つ情報をいろいろ紹介させていただきますので、よろしくお願いします。

聖パトリックの日の出来事

Facebookの最高執行責任者であるシェリル・サンドバーグさんは、ご自身の経験を元に、女性の社会進出についての本を書いておられます。今年7月、日本で講演するために来日なさったシェリルさんが、NHKのインタビューに答えておられた番組を観ました。

 

男女平等の意識や女性の社会進出が、日本よりはるかに進んでいるアメリカですが、それでも結婚して子どもまでいる女性が社会で働くには、様々なプレッシャーと戦う必要があるといいます。そして、シェリルさんの中にも、ある種の罪責感があったそうです。自分は家庭人としても企業人としても不十分、家庭も仕事も中途半端だという罪責感です。

 

3月17日は聖パトリックの祝日です。アメリカでは、この日には、子どもたちはみんな緑の服を着る風習があります。ところが毎日の忙しさの中で、シェリルさんはついうっかりと、小学生の息子に青い服を着せて学校に送り出してしまったのです。

 

「なんて自分はひどい母親なんだろう。みんなと違う服を着て登校した息子は、どんなに恥ずかしい思いをすることだろう」と落ち込み、混乱したシェリルさんは、半泣きになってご主人に電話をしました。すると、ご主人がこう言いました。「シェリル、心配しなくていい。あの子は今日、『みんなと同じでなくてもいいんだ』ということを学んだんだよ」。帰ってきた息子さんも、にっこり笑って「僕は青が好きだから、全然気にしなかったよ!」

一本足

9月に郡山にいらっしゃるゴスペルシンガーのレーナ・マリアさんは、生まれつき両腕がなく、左脚が右脚の半分の長さしかありません。にもかかわらず、右足を器用に使って家事も、車の運転もこなします。そして、何より底抜けに明るく前向きな人格に、日本でもたくさんのファンがいます。

 

小学生の頃、クラス対抗の水泳大会があり、レーナさんもリレーの選手として出場しました。実は、レーナさんは幼い頃から水泳を習い、後にソウルのパラリンピックにスウェーデン代表として出場したほどの名アスリートなのですが、それを知らない他のクラスの子たちは、障がい者が相手だから楽勝だと高をくくっていました。ところが、レーナさんの大活躍によって、彼女のクラスがぶっちぎりの優勝をさらったのです。

 

よほど悔しかったのでしょう、他のクラスの男の子の一人が、水から上がってきたレーナさんに嫌みを言いました。「よう、がんばったな、一本足」。一瞬、回りの子たちが凍り付きました。なんてひどいことを言うんだろう! ところが、レーナさん本人は、ちっとも意に介さず、それどころか満面の笑みを浮かべて言いました。「ありがとう、二本足!」

 

後にレーナさんはこう語っています。あの「ありがとう、二本足」という言葉は、別に「嫌みに負けるもんか」という対抗心から出たものではなく、あのときは本当にうれしくて感謝したんだと。

 

ご両親は、彼女のことを障がい者のレーナではなく、大切な娘のレーナとして育てました(両腕片脚に障がいを持って生まれたレーナさんと、初めて対面したときのお二人の最初の言葉は「まあ、なんてかわいい子なの!」だそうです)。そして、いつも「あなたは私たちの宝物。そして、この体は、神さまからあなたへの最高のプレゼント」と言い続けました。

 

だから、一本足という言葉が、まさか自分を馬鹿にして出た言葉だとは思いもしなかったというのです。

受け取り方、考え方を変えてみる

私たちは、人の言動や、回りに起こってくる状況によって、落ち込んだり、腹が立ったり、悲しくなったりすることがあります。しかし、同じ事実を体験しても、受け取り方、考え方を変えてみると、別の感じ方をすることがあります。シェリルさんのご主人や息子さん、あるいはレーナさんやそのご両親のようなとらえ方、受け止め方ができるなら、私たちの毎日は、もっともっと喜びや感動に満ちあふれるのかもしれません。また、そういう受け止め方は、本人だけでなく周りの人をも励まします。

 

大切な子どもたちが、そういう幸せな人生を送ることができるようになるために、モデルである私たち大人が、自分やお子さんに起こった出来事を、前向きに、肯定的に、建設的に、積極的に、受け止めたり考えたりできるといいですね。

2013年9月号関連ページ

2013年4月号
「うちの子、ほめるところがないんです」と言う前に……。
2013年5月号
命令や指示の仕方を間違えると、こちらが意図したのとまったく逆のメッセージが伝わってしまうことがあります。
2013年6月号
ほめるところの探し方。これであなたもほめ上手。
2013年7月号
コミュニケーション上手な子どもを育てるには?
2013年10月号
目標を立てたり、それをうまく達成したりための、ちょっとしたテクニックをお話しします。
2013年11月号
良くないものとされている「中途半端」も、使い方次第で有益な物になります。
2013年12月号
実のある会議や話し合いを持つために大切なこと。
2014年1月号
ADHDのお子さんへの対応法は、発達障害のないお子さんの子育てにも役に立ちます。
2014年2月号
子どもが問題に遭わないように転ばぬ先の杖をついたり、代わりに問題を解決してやったりすることは、愛情のなせるワザですが、実は長い目で見れば子どものためになりません。
2014年3月号
アメリカで行なわれた、子どもの嘘つきを改善するための調査に関する話です。