スクールソーシャルワーカーだより

三分類法を使った対応

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。子育ての方法に迷われたりお子さんの様子で気になることがあったりした場合には、お気軽にご相談ください。トップページに連絡先を記載してあります。

 

さて、以前ADHD(注意欠陥/多動性障がい)のお子さんへの対応法についてご相談をいただきました。その時にお渡しした資料を改めて読んでみると、発達障がいではないお子さんの子育てにも有効だと感じましたので、簡単に紹介させていただきます。

行動を3つに分ける

まずは、お子さんの行動を以下の3つに分類します。

  1. 望ましい行動
  2. 絶対してはいけない行動
  3. それ以外の望ましくない行動

 

そして、それぞれの行動に対してふさわしい対応をし、できるだけ望ましい行動を増やしていけるように指導します。

 

望ましい行動について

望ましい行動、継続したり伸ばしたりして欲しい行動は、しっかり認めてほめます。それによって、望ましい行動が強化され、継続的に行なうことができるようになっていきます。

 

ここで注意しなければならないことは、「望ましい行動」とは、必ずしも「何かすごいことができる」ということではないということです。100点を取るとか、一等賞を取るとかいうようなすごいことを達成したらほめようなどと思うと、なかなかほめられないことになります。すると、子どもは自信を失い、やる気を失っていき、できることまでしなくなるようになるでしょう。

 

「朝のあいさつをした」「(10分しかもたなかったけれど)机に向かった」「(好き嫌いを言いながらも、最後には)残さず食べた」「声をかけたらすぐに風呂に入った」など、できて当たり前というところ、不十分だけれどとにかくできたというところにあえて注目し、「よくできたねー」などと認めることを心がけてみてください。そして、「今回これだけできたから、今度はこれくらいできるかな?」とか「今度も同じようにできるかな?」などと励まします。

 

絶対してはいけない行動について

これは、自分や他の人を危険に追いやったり、財産を損ねる恐れがあったりするような行動です。あるいは、普段危険な行動や迷惑な行動をしないお子さんに関しては、親にとって特に修正優先度が高い行動がこれに当たります。そのような行動については、すぐに止めて修正する必要があります。

 

その際、こちらが感情的にならないように注意しましょう。子どもが「絶対してはいけない行動」をしようとしている場面に直面すると、こちらは非常に驚かされることが多いので、冷静に対処するのは難しくはありますが、できるだけ落ち着いた状態で(お互い冷静になるために、場所を変えるのも有効です)「それはしてはいけない。その理由は○○だから」と説明します。

 

それから、今後はどういう行動を取ればいいかを考えさせたり、教えたりします。

 

望ましくない行動について

上述の「絶対してはいけない行動」以外の望ましくない行動については、あまり細かく修正しようとすると、どうしても叱ることが多くなります。すると、やはり自信喪失につながります。

 

また、特に小さい子どもは、不適切な行動をわざとすることによって、回りの大人の気を引こうとすることがあります。それに対して、いちいち感情的に対応していると、かえって子どもの思うつぼにはまり、不適切な行動を助長することになります。

 

ですから、基本的には無視し、先に述べたように、望ましい行動を伸ばす方に意識を集中するといいでしょう。

「絶対にしてはいけない行動」のリストは少なく

ここで問題になるのが、毅然と修正しなければならない「絶対にしてはいけない行動」と、基本的には無視する「望ましくない行動」の区別をどうするかということです。あまり「絶対にしてはいけない行動」のリストが増えてしまうのはよくありません。

 

第1の理由は、リストが多いとしょっちゅう叱ることになり、子どもを萎縮させるからです。

 

第2の理由は、回りの大人もその子を見るといつも嫌な気持ちになってしまうことになるからです。

 

第3の理由は、指導項目が多くなって子どもが混乱してしまい、結局指導の効果が上がらないからです。 

 

ですから、どうしても指導したい行動から、一つ一つ関わっていくようにするといいでしょう。

2014年1月号関連ページ

2013年4月号
「うちの子、ほめるところがないんです」と言う前に……。
2013年5月号
命令や指示の仕方を間違えると、こちらが意図したのとまったく逆のメッセージが伝わってしまうことがあります。
2013年6月号
ほめるところの探し方。これであなたもほめ上手。
2013年7月号
コミュニケーション上手な子どもを育てるには?
2013年9月号
嫌なことを言われたり、されたり、つらい状況に置かれたりしても、それでもハッピーでいられるための秘訣。
2013年10月号
目標を立てたり、それをうまく達成したりための、ちょっとしたテクニックをお話しします。
2013年11月号
良くないものとされている「中途半端」も、使い方次第で有益な物になります。
2013年12月号
実のある会議や話し合いを持つために大切なこと。
2014年2月号
子どもが問題に遭わないように転ばぬ先の杖をついたり、代わりに問題を解決してやったりすることは、愛情のなせるワザですが、実は長い目で見れば子どものためになりません。
2014年3月号
アメリカで行なわれた、子どもの嘘つきを改善するための調査に関する話です。