スクールソーシャルワーカーだより

思うに任せないとき

お子さまの入学・進級、おめでとうございます。2008年度から大玉村教育委員会でスクールソーシャルワーカーをさせていただいています、増田泰司と申します。学校の先生方、スクールカウンセラー、役場の方々、病院や警察や児童相談所など各機関の方々と協力しながら、皆さんの子育てを支援する仕事です。何か子育てやご家庭の問題で行き詰まりを感じたときは、お気軽にご相談ください。

 

また、このように月に1回のペースでお便りを配布しています。子育てや人間関係に役立つ話を書きますので、ご活用ください。感想や質問も、ぜひお寄せくださいね。

いやな気持になったとき

先日、関東に出張した時のこと。私はホテルから駅の構内を通って、反対側のバス乗り場に移動していました。すると、駅の改札口付近に人だかりが見えました。もしかしたらと思って近づいてみると、案内板に人身事故が起こったために電車の運行がストップしており、再開時間は未定と書かれていました。

 

ある人が駅員さんを捕まえて、大声で怒鳴っています。別の人は泣きそうな顔をしています。皆さんそれぞれに大切なスケジュールがあって、遅れると困るのでしょう。私だってそうです。その日、私は研修会で教えることになっていました。私自身はバス移動だけなのでいいのですが、電車でその駅までいらっしゃる受講生の皆さんが、時間までに到着できない恐れがあります。

 

ただ、私がどんなに泣こうが、わめこうが、駅員さんに食って掛かろうが、それで人身事故が無かったことにはならないし、それで電車の運行再開が早まるとも思えません。ですから、時間とエネルギーの無駄になることはやめました。

 

そして、代わりに自分にできること、やって効果のあることを選ぶことにしました。すなわち、駅前でコーヒーを飲まないで速やかに会場に向かい、主催者と対応を協議しました。その結果、研修自体の開催時間を1時間遅らせることにし、当初の予定通りにいらっしゃった方については、質疑応答をさせていただくことにしたのです。おかげで、その日の研修は非常に濃密なものになりました。

対応能力のある子に育てる

子どもたちは、学校などでいろいろな楽しい経験を積み重ねています。と同時に、残念な経験、いやな経験、理不尽だと思えるような経験もまた味わうことでしょう。そんなとき、子どもたちは、泣いたり、怒ったり、わめいたり、固まって何もしなくなったりするかもしれません。それは、人として自然な反応です。

 

現実を知らしめる

ただ、少しずつ現実的・生産的・建設的な対応方法も教えていけるといいですね。まずは、泣いても、怒っても、わめいても、誰かに責任転嫁しても、結局それでは何も状況は変わらないことが多いよということ、むしろ、次のようなデメリットもあるよということを教えてあげましょう。

  • 冷静さを失い、かえって逆効果になるような行動をとってしまい、ますます状況が悪くなることがある。
  • 周りの人たちにうっとうしがられて、かえって本当だったら受け取れたはずの援助ももらえなくなくなることがある。

 

対応を引き出す

そして、「もしも今すぐに状況が変わらないとしたら、あなたはどのように行動したら、もっとも効果的で建設的だろうか?」と問いかけ、答えを考えさせましょう。

 

モデリング

結局のところ、起こってしまった出来事はもう変えられないし、他人も変えられません(人から無理矢理行動をコントロールされるのは、誰しもいやですから、無理やり変えようとするとかえって反発します)。変えられないのに変えようとするから、ストレスがたまるのです。変えられるのは、今ここで自分がどのように行動するかということ。そこに集中することが、ストレスを軽くしますし、結果的に状況を変えることになります。

 

皆さん自身が子どもたちの前で、建設的なやり方をやってみせたり、そのように対応した体験を話したりなされば、子どもたちはより具体的に対応方法を身に着けやすいことでしょう。

2014年4月号関連ページ

2014年5月号
人はもちろん中身で勝負。しかし、見た目も案外大事。今回はそんなお話です。
2014年6月号
身の回りの小さなこともおろそかにしないで、丁寧に扱っていくようにすると、人間関係も改善し、いわゆる運気も開けます。
2014年7月号
年々増加しているインターネット依存症から、自分自身や大切な子どもたちを守るには?
2014年9月号
子どもに指示をしたり、教えたりしても、子どもはまったく言う通りにしてくれない。いったいどうしたらいいのでしょう。
2014年10月号
いじめに負けない精神力の強さを養うには?
2014年11月号
先日、高校生を対象とした総務省の調査で、「長時間インターネットをしている人ほど、ネット・リテラシーが低い」という結果が出ました。
2014年12月号
私たちがどんなふうに子どもたちを見つめているか、そのまなざしによって、子どもたちの未来が変わります。
2015年1月号
子どものために「転ばぬ先の杖」をつくのは、場合によっては返って子どものためにならないことがあります。
2015年2月号
「転ばぬ先の杖」をつきすぎる教育のマイナス面、その2です。
2015年3月号
私たち周りの大人が、子どもたちから生きる力とか、問題に立ち向かっていくやる気や根気を引き出すヒント。