スクールソーシャルワーカーだより

引き下げに負けない心

いじめというものは、子どもの世界であれ、大人の世界であれ、卑劣な行為です。特に子どもたちの場合、いじめる側は軽い気持ちで行なうことが多いのかも知れませんが、被害者は心に大きな傷を負い、将来的に対人関係に問題を抱えたり、積極的に行動できなくなったりすることもあります。ですから、決して行なってはならないし、行なわせてはなりません。

 

一方で、私たちの大切な子どもたちには、多少のいじめには屈することのない精神的な強さも養ってもらいたいと思います(「多少のいじめ」を正当化するつもりはありませんが)。「精神的な強さ」には様々な要素がありますが、今回はその一つをお話しさせていただきましょう。

 

コオロギの声が聞こえる

東北出身の青年Aくんが、東京に就職しました。そして、東京出身の友だちと二人で新宿の繁華街を歩いていました。ふと、Aくんが立ち止まり、「コオロギの声が聞こえる」と言いました。友だちは笑いました。「こんな都会の真ん中にコオロギなんていないよ。いたとしても、この雑踏の中、うるさくて聞こえやしないよ」。

 

でも、Aくんは、確かに聞こえると言います。そして、友だちを歩道の脇に引っ張っていきました。友だちがのぞき込むと、コンクリートを突き破って草が生えており、確かにそこにコオロギがいたのです。

 

「すごいね。このうるさい音の中で、よくこの声が聞こえたねぇ」と友だちが感心しますと、Aくんは言いました。「人にはね、聞きたい音が聞こえるんだよ」。そして、ポケットから五百円玉を取り出すと、歩道にチャリーンと落としました。すると、付近を歩いていた数十人が一斉に振り向きましたとさ。

 

みんなが私をバカにする

人は聞きたいものを聞きます。Bさんは「みんなが私をバカにするんです」と言いました。それは事実かも知れませんが、もしかしたらBさん自身、みんなが自分をどう評価するかということを、必要以上に気にして生きておられるのかもしれません。そして、他人が自分をバカにする前に、自分で自分をバカにしているのかも。だから、他の人が自分をバカにするような発言をしたとき、「ほらやっぱり!」と、受け入れてしまうのです。

 

本当に自信がある人は、精神的に強く、他人から多少引き下げられるようなことを言われても、それが自分をバカにして言ったことだとは思いもしません。ですから傷つきもしません。

 

嫌みな同僚

Cさんは、看護師として一生懸命に働いてこられた、30代半ばの女性です。あるとき、Cさんの病棟に若いDさんが転属してきました。ちょっと嫌みなところのある人で、前の病棟で同僚たちとうまくいかなくなって、こちらに移ってきたという噂でした。そして、さっそくCさんがターゲットになったのでした。

 

Dさんは、Cさんが独身だと知ると、「どうして結婚しないの?」「恋人いないの?」「積極的に合コンに参加しないと」などと、セクハラ発言を繰り返します(同性でもセクハラと見なされます)。すると、Cさん、怒ったり泣いたりしないで、「ありがとう。私のこと気に掛けてくれて」と、にっこり笑ってお礼を言いました。ところが、敵もさる者ひっかく者、「あら、嫌みなのに」とすまして答えます。

 

しかし、Cさんはそれでもキレません。「嫌みだなんて言って、照れなくていいわ。全然、そんなふうに聞こえないよ。だって、Dさんって優しい人だもの」。すると、Dさん、ぽろぽろと涙を流し始めました。「私に優しいなんて言ってくれる人、今までいなかった」。それからDさんはすっかりとげとげしいところが取れ、それどころかCさんの腹心の友となりました。

 

自信を育てるには

他の人にどんなにけなされても、引き下げられても、全く気にしないどころか、かえって相手を引き上げてファンに変えてしまう。そんな自信はどうしたら育てられるのでしょうか。それは、「精神的に強くなれ」と説教されることによってではなく、ほめられたり、認められたり、感謝されたりすることによってです。

 

特に感謝は、強烈な自信の種になります。普段からたくさん「ありがとう」が飛び交っている家庭の子どもたちは、例外なく自信に満ち、精神的な強さを持っています。意識して(すなわち探してでも)、お子さんに「ありがとう」をいっぱい伝えましょう。

2014年10月号関連ページ

2014年4月号
いやなことや思い通りに行かないことが起こったとき、うまく対応できるような子供に育てるこつは?
2014年5月号
人はもちろん中身で勝負。しかし、見た目も案外大事。今回はそんなお話です。
2014年6月号
身の回りの小さなこともおろそかにしないで、丁寧に扱っていくようにすると、人間関係も改善し、いわゆる運気も開けます。
2014年7月号
年々増加しているインターネット依存症から、自分自身や大切な子どもたちを守るには?
2014年9月号
子どもに指示をしたり、教えたりしても、子どもはまったく言う通りにしてくれない。いったいどうしたらいいのでしょう。
2014年11月号
先日、高校生を対象とした総務省の調査で、「長時間インターネットをしている人ほど、ネット・リテラシーが低い」という結果が出ました。
2014年12月号
私たちがどんなふうに子どもたちを見つめているか、そのまなざしによって、子どもたちの未来が変わります。
2015年1月号
子どものために「転ばぬ先の杖」をつくのは、場合によっては返って子どものためにならないことがあります。
2015年2月号
「転ばぬ先の杖」をつきすぎる教育のマイナス面、その2です。
2015年3月号
私たち周りの大人が、子どもたちから生きる力とか、問題に立ち向かっていくやる気や根気を引き出すヒント。