スクールソーシャルワーカーだより

行動に注目

お子さんのご入園、ご入学、ご進級おめでとうございます。私は、大玉村教育委員会所属のスクールソーシャルワーカーで、増田泰司(ますだたいじ)と申します。大玉村の子どもたちが心身共に健康で幸せに成長していくため、保護者の皆さん、先生方、役場の皆さん、そのほか様々な方々と協力して子どもたちに関わっていく仕事です。保護者の皆さんも、先生方も、子どもたちのことで心配なことがあったり、悩みがあったりした場合には、どうぞお声かけください。

 

8月を除く月1回、こうして「スクールソーシャルワーカーだより」を発行しています。子育てや人間関係や仕事などに役立つ四方山話をさせていただきますので、どうぞ参考になさってください。中学生や、小学校高学年の子どもたちが読んでも、きっと役立ちます。質問や感想は大歓迎! さて、今日のお話は……。

 

名選手、必ずしも名コーチならず

スポーツの世界で、現役時代に華々しい活躍をした人が、引退後に必ずしも良い指導者になるとは限りません。逆に、現役時代は万年補欠だったのに、指導者になったとたん、次々と名選手を生み出す人もいます。仕事でも、平社員の時代にはトップの成績を叩き出す有能なセールスマンだったのに、リーダーに抜擢されると、部下たちの営業成績をちっとも上げられないという人もいます。

 

それは、「自分が最高のパフォーマンスを発揮するための技術」と、「他の人が最高のパフォーマンスを発揮できるよう教えるための技術」は、全く別物だからです。技術は、学んで、練習しなければ身につきません。指導者になったからといって、すぐに効果的な(すなわち、選手や部下や生徒がぐんぐん成長するような)指導ができるわけではないのです。

 

親や教師も同様です。子どもを望ましい方向に育てるためには、教えるための技術を身につけていなければなりません。教師の場合には、大学や研修などで学ぶ機会がありますが、親の場合、「親になるための研修」を受けてから子どもをもうけるなどということは、まずありません。そんなわけで、しばらくの間、「教えるための技術」についてお話しさせていただきますね。

 

結果は行動の産物

「教えるための技術」を学ぶ際、最初に身につけていただきたいのは、私たちが注目しなければならないのは、相手の「行動」だという基本的理解です。結果(学業やクラブ活動や仕事の成績など)も大事ですが、結果は日々の、あるいは一瞬一瞬の行動の集大成です。相手の行動が変わらなければ、いくら「気合いだ、やる気だ、根性だ!」と檄を飛ばしても、結果は変わりません。

 

子どもなり、部下なり、後輩なり、選手なりが望ましい結果を出していないのなら、結果に至るまでのその人の行動がふさわしくないということです。望ましくない行動を見つけ出し、望ましい行動ができるように援助する……それが親や教師や上司やコーチの務めです。根性論が生きるのは、相手が十分に望ましい行動を身につけてからです。

 

行動を修正するための5つの要素

行動を修正するために必要な要素は5つです(これは幼稚園のお子さんにも有効です)。

  1. どの行動が問題なのかを具体的に指摘する。問題にするのは、やる気や気持ちではなく、あくまでも行動です。
  2. どうしてその行動が問題なのかを、相手に分かりやすく説明する。
  3. 代わりに身につけるべき望ましい行動がどういうものかということを、具体的に示す。
  4. どうしてその行動が望ましいのかを、分かりやすく説明する。
  5. その望ましい行動をするよう提案する。

 

必要なのは、怒鳴ったり、体や机を叩いたり、にらんだりすることではなく、「相手にとって分かりやすい説明や提案」です。むしろ、こちらが感情的になると、論理的で理解しやすい説明ができにくくなるでしょうし、聞く相手は萎縮したり、防御的になったりして、かえって理解してもらいにくくなるかも知れませんね。それでは、「教える」という点では、まったく意味がありません。

 

いくら指導しても相手の行動が変わらないとすれば、相手のやる気の問題ではなく、こちらの教え方に問題(「修正の可能性」という意味)があるのだ……そう思ってみましょう。すると、どう関わったらいいかが見えてきやすくなりますし、イライラすることも減ってくるはずです。是非、「行動」に注目してください

2015年4月号関連ページ

2015年5月号
その分野の素人でも、教えることが可能なのでしょうか?
2015年6月号
教える内容を、ひとまず2つに分けてみましょう。
2015年7月号
技術を伝える際には、Whatだけでなく、Whyも伝えると、やる気や根気を引き出せます。
2015年9月号
根性論じ体は全く問題ありません。問題なのは、こちらが言っていることが、相手に伝わっていなければ指導にならないということです。
2015年10月号
私たちは、子どもたちの「選択する力」を育ててやっているでしょうか?
2015年11月号
子どもの問題行動をどう治め、望ましい行動をどう伸ばしていったらいいのでしょうか?
2015年12月号
カルトは怖い。その活動はとても認められたもんじゃない。でも、彼らが利用している原則自体は、子育てに十分応用できるのでは?
2016年1月号
「なんで」「どうして」という言葉は、使い方によってはかなり危険です。
2016年2月号
子どものビデオゲーム利用時間と、知能発達の関係についての話です。
2016年3月号
同じことを指示したり指導したりするのでも、言い方一つで効果が大きく違ってきます。