スクールソーシャルワーカーだより

やる気と感謝

お子さんの入園・入学、進級おめでとうございます。教育委員会でスクールソーシャルワーカーをさせていただいています、増田泰司と申します。学校の先生方、スクールカウンセラー、役場の方々、病院や警察や児童相談所など各機関の方々と協力しながら、皆さんの子育てを支援する仕事です。何か子育てやご家庭の問題で行き詰まりを感じたときは、お気軽にご相談ください。

 

また、このように月に1回のペースでお便りを配布しています。子育てや人間関係に役立つ話を書きますので、ご活用ください。

 

やる気がないならやめなさい

「いつやるの? 今でしょ!」で有名な予備校講師、林修先生が、テレビ番組(TBSテレビ「林先生が驚く初耳学!」)の中で「教え子のやる気を引き出すために、どんなことをしているか」と質問されて、こんなことをおっしゃっていました。

 

やる気がないならやめなさい、と言います。

勉強するということは贅沢なことなんだから。親が生活の面倒を見てくれて、学校に行かせてくれて、高い授業料も払ってもらえる恵まれた環境にいる。それなのにやる気が出ない。自分がいかに恵まれているかということが分からないような人間なら、勉強したって意味がない。

 

もちろん、林先生は、義務教育ではない予備校の講師だからこそ「嫌ならやめろ」と言えますが、公立小中学校の先生や保護者が同じことを言うことはできません。私が注目したポイントはそこではなく、自分は恵まれているのだと気づいていることが、いわゆるやる気スイッチなのだと、林先生は考えておられるということです。

 

気づき→感謝→決意→やる気

自分が恵まれた環境にいることに気づいたら、当然、その恵みを与えてくださっている存在(親だったり、教師だったり、地域の人たちだったり、行政の人たちだったり、神仏だったり)に対しての感謝が生まれます。そして、感謝は「自分が恵みを受けるのにふさわしい人間になりたい」「その人たちの期待に応えたい」という決意を生み、それがやる気を生み出します。

 

感謝の反対

日本語の感謝を表す言葉、「ありがとう」は「有り難し」から来ています。すなわち、あり得ないようなことをしていただいたという感動の言葉です。ということは、感謝の反対は「当たり前」です。親子関係でも、夫婦関係でも、友人関係でも、師弟関係でも、そのほかの人間関係でも、していただいたことを「当たり前」と思っていたら、感謝は生まれません。

 

私たちは、親として、教育者として、子どもたちの中に、自分がいかに恵まれた環境にいるのかということに気づき、感謝できる心を育てていかなければなりません。感謝を忘れた子どもは、やる気を失い、勉強だけでなく、部活動でも、人間関係でも、道徳性・社会性においても、向上することをやめてしまいます。

 

感謝を生み出す教育

ただ、子どもたちに「これだけしてやっているんだから感謝しろ」とはなかなか言いづらいですし、たとえ言ったとしても効果があるかどうかは疑問です。代わりにいい方法を2つ紹介します。

 

モデリング

周りの大人が望ましい行動をしてみせること、「すなわち背中で教える」ことをモデリングを言います。まず私たちが、ほんの小さな出来事や親切にも、「ありがとう」を言い、「ありがたいなぁ」と感動してみせるのです。その際、何かすごいことをしてくれたときだけでなく、お茶を入れてくれた、食器を流しまで持ってきてくれた、今日も仕事に行って帰ってきてくれた、買い物につきあってくれたなど、ほんの些細なことに感謝を表すことがコツです。そうでないと、子どもたちはしてもらったことを「当たり前だ」と思うようになるでしょう。

 

家事の分担

もう一つは、お子さんに(たとえ幼稚園生であっても、受験生であっても)に、家事を分担させることです。一方的にしてもらうだけだと、かえって感謝の心は育ちません。自分が他の人のために何かをし、感謝されることを通して、人は感謝を学んでいきます。新聞を取ってくるでも、洗った食器を拭くでも、何でもいいですから、お子さんに「自分は家族の一員として家族を支えている」という体験をさせたいものです。

 

 

 

 

 

 

2016年4月号関連ページ

2016年5月号
好感度を上げるためには、「認知的不協和」を上手に利用してみましょう。
2016年6月号
「ありがとう」は魔法の言葉。ありがとうが飛び交う家庭やクラスや組織は、とても生き生きとしています。
2016年7月号
子どもの発達段階には、それぞれの時期に特有の発達課題があります。それを意識して関わってみましょう。
2016年9月号
子どもが言ったとおりに動いてくれないのは、親を困らせてやろうと思っているのではなく、親が本当に言いたいことを正しく理解していないからなのかもしれません。
2016年10月号
LINEなどのSNSやゲームのやり過ぎは、トーク力を退化させてしまうらしいです。これは大変!
2016年11月号
とある15歳のツイートから、自分が言いたいことを明確にし、それを論理的に他の人に伝えられる力を、子どもから引き出すにはどうしたらいいかを考えてみましょう。
2016年12月号
自分の心配性に、どんなふうに対処したらいいでしょうか。
2017年1月号
勉強でもスポーツでも仕事でも、いい目標を立てることが大切。では、いい目標って?
2017年2月号
人は期待されると、その期待に応えたいという意欲がわいてきます。ですから、私たちが子どもたちをどう評価しているかが、その子のこれからを左右します。
2017年3月号
人はオーケストラみたいなもんだということを意識していると、子育てにも自分育てにも役に立ちます。