スクールソーシャルワーカーだより

トーク力が退化しては大変

明石家さんまさんがラジオ番組の中で、自分のお笑い芸人としての地位はあと20年安泰だと話して、笑いを取ったそうです。それは、LINEやTwitterなどのSNSが普及したおかげで、若い世代がどんどんトーク下手になっていくだろうと感じたからだとのこと。どういうことでしょうか?

 

短文でお手軽に済ませてしまう

さんまさんの説明によると、ご自分もLINEを使うようになって気づいたのは、こちらが相手に何かを伝えようとするときに、1行のメッセージとスタンプを使って、簡単に済ませることができること。それはとても便利である反面、こういうコミュニケーションばかり続けていると、自分であれこれ考えたり、工夫したりしながら文章を作り上げる能力は、確実に退化していくだろうと、さんまさんは感じておられるのです。

 

さんまさんはおっしゃいます。たとえば相手に嘘をつかなければならない場合、対面や電話なら、ばれないように、自然に見えるように、必死に文章を考え、間の取り方や表情や挙動などの非言語的な要素も工夫して、それで伝えようとする。けれど、すぐにバレてしまって大騒ぎになり、さらに上手に嘘がつけるように精進する。そうやって、自分のトーク力は磨かれてきた(もちろん、さんまさん流の洒落ですよ。念のため)。しかし、LINEなどのお手軽なツールにばかり頼るようになると、確実にトーク力が崩れてしまうだろうし、文章を書く力も退化してしまうだろう、と。

 

だから、LINE世代の若手は怖くない、あと20年は大丈夫というわけです。しかし、これは笑いを借りた、若い世代への警告でしょう。仕事や人間関係などの社会生活を順調に送るためには、コミュニケーション能力が絶対に必要です。もしも、LINEなどの過剰利用によって、大切な子どもたちのコミュニケーション能力が育たないのだとすれば、私たち大人にとっても大問題ですね。

 

学力にも影響する

昨年3月、東北大学が、4万人以上の小中学生を対象とした、「算数・数学のテスト成績と、睡眠時間・家庭学習時間・LINEなど無料通信アプリの使用時間との相関関係」についての調査結果を発表しました。それによると、「LINEなどの長時間使用は、睡眠時間や学習時間の不足に比べて、より大きく学力を低下させる」そうです。

 

たとえば、平日に30分未満しか勉強しない子どものうち、LINEなどを使わない子どものテスト成績は平均61点だったのに、1日3時間以上LINEなどを使う子どもは平均50点未満でした。

 

研究チームは、LINEなどの長時間使用によって、勉強時間や睡眠時間が減った結果として成績が下がるだけでなく、LINEなどの使用そのものが成績低下の原因になっている可能性を指摘しました。おそらく、知能の働き、すなわち脳の働きが阻害されてしまうからでしょう。

 

ゲームの長時間使用も同様

ネットゲームやビデオゲームについても、脳に与える悪影響が指摘されています。「長時間ゲームにはまっている子どもの脳は、物理的に萎縮してしまう」という情報はデマだとしても、落ち着きがなくなったり、攻撃的になったり、無責任になったり、健康を無視した生活パターンを送ったりするなど、まるでアルコールや薬物の依存症のようになってしまう危険があります。

 

ネットゲーム先進国である中国や韓国などでは、深刻な社会問題化しています。不登校や引きこもりが増えたというだけでなく、寝食を忘れてゲームを行なった結果「過労死」するケースや、ゲームを止めようとした親を殺害するケースまで発生しているのです。日本も確実にその後を追っています。

 

大切な子どもを守るために

もちろん、無料通話アプリは大変便利ですし、適正なゲームの利用は、脳の働きを活性化したり、ストレス耐性を高めたりするともいわれています。しかし、アルコールなどと同様、やり過ぎは禁物というわけです。

 

成績が下がったり生活が乱れたりしてから、心配した親がスマホやゲームを制限しようとしても、子どもが大きくなっていたり、依存状態がひどくなっていたりすると、反発されたり暴れられたりして、大変になる場合も多いです。悪影響が出る前に、使う時間を制限するようにしましょう。当然、その鍵は、保護者の皆さんが握っています。子どもがLINEやゲームをやるのは家庭でなのですから。

2016年10月号関連ページ

2016年4月号
子どものやる気を引き出すためのキーワードは、「感謝」です。
2016年5月号
好感度を上げるためには、「認知的不協和」を上手に利用してみましょう。
2016年6月号
「ありがとう」は魔法の言葉。ありがとうが飛び交う家庭やクラスや組織は、とても生き生きとしています。
2016年7月号
子どもの発達段階には、それぞれの時期に特有の発達課題があります。それを意識して関わってみましょう。
2016年9月号
子どもが言ったとおりに動いてくれないのは、親を困らせてやろうと思っているのではなく、親が本当に言いたいことを正しく理解していないからなのかもしれません。
2016年11月号
とある15歳のツイートから、自分が言いたいことを明確にし、それを論理的に他の人に伝えられる力を、子どもから引き出すにはどうしたらいいかを考えてみましょう。
2016年12月号
自分の心配性に、どんなふうに対処したらいいでしょうか。
2017年1月号
勉強でもスポーツでも仕事でも、いい目標を立てることが大切。では、いい目標って?
2017年2月号
人は期待されると、その期待に応えたいという意欲がわいてきます。ですから、私たちが子どもたちをどう評価しているかが、その子のこれからを左右します。
2017年3月号
人はオーケストラみたいなもんだということを意識していると、子育てにも自分育てにも役に立ちます。