スクールソーシャルワーカーだより

リフレーミング

お子さんのご入園、ご入学、ご進級おめでとうございます。私は、大玉村教育委員会所属のスクールソーシャルワーカーで、増田泰司(ますだたいじ)と申します。大玉村の子どもたちが心身共に健康で幸せに成長していくため、保護者の皆さん、先生方、役場の皆さん、そのほか様々な方々と協力して子どもたちに関わっていく仕事です。育児や指導で悩んだり困ったりした場合には、どうぞ気軽にお声かけください。

 

また、8月を除く月1回、こうして「スクールソーシャルワーカーだより」を発行して、子育てや人間関係や仕事などに役立つ四方山話をさせていただきます。質問や感想は大歓迎です。

 

息子がメソメソするんです

 

大玉の方ではありませんが、知り合いのお母さんから相談を受けました。

以下の相談内容は個人が特定できない形に加工してあります。
息子さんが学校外のスポーツクラブに通っていて、そこのコーチに厳しく指導されたらしく、帰ってきてからずっとメソメソしているというのです。お母さんとしては、コーチが厳しい指導をしたこと自体に問題を感じているのではなく、普段から打たれ弱く、叱られるとすぐにメソメソする息子に、これからどんなふうに接したらいいかというご相談です。そこで、4つのことを申し上げました。

 

(1) 気持ちに焦点を合わせて共感する

叱られたときの状況や叱られたときの息子さんの気持ちをよく聴いてやり、「叱られてつらかったね」「悔しかったね」と、その気持ちに共感するような語りかけをしてやりましょう。「それくらいのことでメソメソするなんて」と叱咤するのは、「お前は弱虫だ」と宣言するのと同じで、かえって自信を削り取ることになり、逆効果です。

 

(2) 子どもの前でコーチの批判をしない

仮にコーチの指導に疑問を感じた場合。直接コーチに伝えるのはいいですが、子どもの前で「そんなことを言うなんて、ひどいコーチだ」と批判しない方がいいです。というのは、そのコーチの尋常な指導にも従わなくなりますし、他の権威者、たとえば親や学校の先生たちの指導にも従わなくなる恐れがあるからです。

 

(3) メソメソは良いこと

そもそも、息子さんがメソメソするのは良いことだと考えてみましょう。以前の息子さんは、つらいことがあったときに、親や弟たちに八つ当たりをしたり、ものを壊して発散したりしていました。今回それをしないで、自分のつらい気持ちを自分でしっかり味わうことができているというのは、大変な成長です。むしろ彼が強くなった証拠です。ですから、是非その点を指摘して、息子さんをほめて差し上げてください。

 

(4) 叱ってくれたのは可能性があるから

上述のようにほめた上で、コーチが叱った意図について説明しましょう。コーチが叱ったのは、息子さんが嫌いだからでも、下手だからでもなく、息子さんの実力を認め、スポーツの面でも人格的な面でも、もっと成長できると信じてくれているからです。それを教えて、「お母さんも、あなたがつらい練習や指導を乗り越えて、もっともっと成長できると信じているよ」と確信を持って伝えてあげましょう。

 

見方を変える

(3)と(4) のように、自分や相手の捉え方、ものの見方、考え方、解釈の仕方を変えることを「リフレーミング」と呼びます。「これはひどい」「これはダメだ」と思えるような状況でも、見方を変えてみると喜びの種、感動の種、希望の種に満ちていることが分かります。

 

今回お話ししたお母さんも、特に(3)のリフレーミングによって息子さんのことを頼もしく思えるようになったとおっしゃいました。「このままでは、この子の将来は大変なことになるかも」という不安感で一杯だったのに、「この子の将来、楽しみ」というわくわくするような気持ちになったのですね。リフレーミングは、息子さんを励ましただけでなく、お母さん自身の精神状態も安定させました。

 

リフレーミング・ゲーム

リフレーミングは、練習次第で誰でもできるようになります。コツは、理由は分からなくていいので、とりあえず「これは素晴らしいことだ」と口に出したり、紙の上に書き出したりしてみること。その上で「なぜ素晴らしいんだろうか」と理由を考えます。この順番が大事です。是非ゲーム感覚で続けてみてください。きっと、あなたもお子さんも、もっともっとハッピーで、希望に満ちた生活が送れるようになります。

2017年4月号関連ページ

2017年5月号
お子さんたちに対して怒りっぽいことについて密かに悩んでおられるお母さん。さて、怒りっぽい性格はとんでもなく素晴らしいのですが、それはなぜ?
2017年6月号
意見言葉を使ってみると、よけいな反発を招かずに済むかもしれません。
2017年7月号
ほめて育てることは大切ですが、ほめ方にちょっとした工夫をしてみましょう。
2017年9月号
同じ事を表現するのにも、肯定的な言い方もできるし、否定的な言い方もできます。大事なのは、どちらの言い方の方が、効果があるかということです。
2017年10月号
同じことを言われるにしても、言い方ひとつで、感じ方、受け取り方がずいぶんと変わるものです。
2017年11月号
失敗したり競争に負けたりするの自信喪失の原因なのではなく、要は捉え方。捉え方次第で、失敗が宝になり、大きな自信につながります。